ご挨拶

有限会社新延孵化場は、長い経験によって培われた知識と技術を活かし、お客様が求める品質をこれからも提供してまいります。

大規模化するお客様の大ロットの要望に応えるべく、最新の機械・設備を導入しつつ、日々品質と生産効率を高めるべく努力を重ねています。

当社が扱っているものは農産物でも工業製品でもない、「生き物」です。その為、一番の大敵となるのが病気です。私たちは何十年にもわたって衛生管理の徹底に注力してきました。洗浄や消毒作業に時間をかけ、大切なヒヨコたちの健康を守っています。

今後共、尚一層ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

有限会社新延孵化場 代表取締役 新延 修

シンボルデザイン

企業理念

卵と雛と、ともに歩んで80年

信頼 そして 創造

歴史

1930(昭和5)年 新延嘉吉、下駄箱式孵卵器により創業。
1949(昭和24)年12月 有限会社 新延孵化場を設立。
新延嘉吉、初代代表取締役に就任。
1958(昭和33)年6月 新延嘉吉、死去。
新延正葭、2代目代表取締役に就任。
1966(昭和40)年~
1969(昭和44)年
豊中種鶏場・財田農場・神田種鶏場・二ノ宮農場・一ノ谷農場を相次いで建設。
レイヤーの育成を順次開始。
1977(昭和52)年~
1978(昭和53)年
仲南農場・神田第二農場を建設。鶏卵の生産に着手。
1986(昭和61)年 丸亀農場を買収。
高瀬農場を建設。ドイツ製直立4段ケージを導入。
1990(平成2)年 ゴールドエッグ株式会社と本格的に提携し、神田第二農場に香川GPセンターを併設。
1991(平成3)年 リバーサイド農場を建設。
1993(平成5)年 仲南農場を改築し、特殊卵「ネッカひまわり卵」の生産に着手。
1996(平成8)年5月 新延正葭、代表取締役を退任。
新延修、3代目代表取締役に就任。
1998(平成10)年 リバーサイド農場を2階建て鶏舎に改築。
神田種鶏場にイタリア製ケージシステムを導入。
1999(平成11)年 本社工場に最新の空調システムと殺菌装置を備えた貯卵室が完成。
2003(平成15)年 神田第二農場が新ケージシステムに完全移行。
同農場に鶏ふんペレットマシンを導入。
2008(平成20)年 たまご村を建設。
二ノ宮農場に鶏ふんペレットマシンを導入。
2013(平成25)年 本社工場貯卵室の屋根に太陽光パネルを設置。
太陽光発電事業を開始。

事業場一覧

事業場名 開設 所在地
本社
管理部門
業務部門(営業・配送・生産管理)
孵化部門
S24.12 三豊市三野町吉津甲984
神田第一農場 S43.7 三豊市山本町神田576-1
豊中農場 S41.11 三豊市豊中町上高野3730
二ノ宮・高瀬農場 S44.2 三豊市高瀬町羽方2849-1
リバーサイド農場 H3.12 三豊市財田町財田中4460
財田農場 S42.11 三豊市財田町財田上6155-2
一ノ谷農場 S44.12 観音寺市中田井町1145-1
丸亀農場 S61.9 丸亀市綾歌町岡田西1859
神田第二農場・たまご村 S53.9 三豊市山本町神田654-2
仲南農場 S52.2 仲多度郡まんのう町七箇4459-1

本社

本社
本社
本社
DSC_1260
DSC_1260
DSC_1260
DSCN1211
DSCN1211
DSCN1211

二ノ宮農場(育成場)

?????????????????????
?????????????????????
?????????????????????
DSCN0976
DSCN0976
DSCN0976

神田第二農場(採卵農場)

神田第二①
神田第二①
神田第二①
神田第二(採卵農場)
神田第二(採卵農場)
神田第二(採卵農場)